始めて楽器などの習い事をされる方はリサイクルショップで購入してみては

新しい楽器を買う前に

2~3年着ない洋服はもう着ない事が多い

子供の頃、塾で使っていたソロバンやおもちゃ・家電製品・洋服・アクセサリー・バッグなど、気が付くと家の中には使わなくなってしまった物で溢れているのではないでしょうか。
私達の心理の中には、まだ使える・いつかまた使う日が来る・痩せたら着ようという思いがあると思いますが、洋服は2年間着ない服については、痩せて着れるようになったとしても1度か2度袖を通したら、もう着ないという方が多いようなのですが、物であふれている現代、使わない物をいつまでも取っておく必要はないのではないでしょうか。
そのような物たちを、思い切ってリサイクルショップで、現金に変えてみてはいかがでしょうか。
現実的には、高額で購入した洋服が査定され「はい、100円」ですと言われると「え~」と思いますが、家でタンスの肥やしになっているくらいなら、まあ100円でもいいかと思えるのではないでしょうか。

説明書やアイテムは捨てない方が良い

スマホやゲームなどを買うと、発砲スチロールや外箱などは、もういらないと思い捨ててしまいますが、保証書や説明書なども気が付くと無くなってしまっていることが多いのではないでしょうか。
これらは、リサイクルショップにゲームやスマホを持っていくときには、とても大切なアイテムになるでしょう。
買った時のままで傷も無く、アイテムが揃っているという状態で売るのと、ゲームやスマホのみで売るのとでは、全く価格が異なってしまうでしょう。
家電製品についても、説明書があるのとないのとでは、かなり価格に違いが出てくるでしょう。
この失敗により、何度も軽減されて悔しい思いをされたという方も多いと思いますので、アイテムや説明書は捨てずに1か所に纏めておくと必要な時に、すぐに使えて便利なのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る